Return to site

手もみ製茶ワークショップを開催しました!

· イベントレポート

こんにちは!地域おこし協力隊の菊地&山﨑です。

みなさん、川崎町古関地区でお茶が栽培されていたってご存知でしたか?

昔は仙台市や白石市に販売していたお茶の産地だったそうですが、自家消費に変わっていき、今では自家用に作る人もなかなかいなくなってしまったそうです。

現在茶畑はなくなってしまいましたが、お茶の木が残っているお宅にご協力いただき、茶摘み&手もみ茶作りのワークショップを開催することができました。

新茶は5月頃に茶摘みをしますが、今回は番茶。

新茶に比べると固いですが、同じく『一芯二葉』を摘んでいきます。

茶摘みの途中、可憐なお花を発見。

お茶の花は、だいたい10月頃に咲くみたいですが、ひと足早く一輪だけ咲いていました。

使用している収穫かごは、絵本の広場の佐藤牧さんが、町内のかご編み名人Sさんと一緒に作ってくれました!白とベージュは竹かごのイメージ、赤と青は茶摘み娘のイメージです。

参加者の中に写真が得意な方がいらしたので、私たちも記念に撮っていただきました(^^)

お日様もちょうど良い具合で、みなさんとお話をしながらワイワイと楽しい茶摘みタイム。1時間半くらいでこのくらいの量が収穫できました。

お昼休憩をはさみ、次はSPRINGに移動して手もみ茶作りです。

お茶作りの講師として、おとなり蔵王町の台湾喫茶慢瑤茶の佐藤將宣さんに来ていただきました。緑茶も紅茶もウーロン茶も、もとは同じチャノキの葉っぱ。発酵の具合や作り方によって、変わるようです。

お茶の葉を蒸した後、中華鍋とホットプレートのふた手に分かれて、揉捻(もみの作業)と乾燥を繰り返していきます。

交代して水分補給と休憩をしながら、約2時間。

川崎町産の手もみ茶が完成しました!

そしていよいよ、出来立てのお茶を試飲です!

みなさんからは、「あっさりとして美味しい」「ピュアな味」などの感想が。お茶っ葉をさらに炒って、ほうじ茶もいただきました。香ばしくなり、また違った美味しさでした。

みんなで作ったお茶は格別ですね~

今回出来上がったお茶をみんなでわけて、オリジナルパッケージを作成してみました。

それぞれの個性が出ていて、みなさん素敵なパッケージになりましたね(^^)

SPRINGにはこの包装機が置いてありますにで、商品開発にパッケージ試作に、ぜひご活用ください!

1日がかりの作業でしたが、みんなでやるとあっという間で楽しかったですね(^^)

いまとなっては貴重な川崎町産のお茶。今回のワークショップで、町の歴史や、暮らしを体感するきっかけになりました。昔ながらのお茶作り、続けていけたらいいなと思います。

ご参加いただいたみなさん、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK