Return to site

春の川崎名物!寒ざらしそばまつり

· みやぎ川崎町イベント,イベントレポート,みやぎ川崎町グルメ,川崎町の技の匠

3/31(日)にセントメリースキー場にて『寒ざらしそばまつり』が開催されました。

もうそろそろ春の気配かと思いきや、この日は午前中雪が降り、満開の梅の花に雪がつもるというめずらしい光景が。運転があまり得意でない私は、いつもより気を引き締めて出発です(^^;)

寒ざらしそばとは・・・

秋にとれたそばの実を、冬の寒い時期に10日程川に浸し、寒風に晒して作られたそばです。甘みが増してのど越しがよい、川崎町の春の風物詩といわれています。

当日会場のセントメリースキー場のセンターハウスには、今季初物の寒ざらしそばをお目当てに、たくさんの人が訪れていました。まずは、受付で整理券をもらいます。

そば提供までの時間、1階の出店コーナーを見てまわることに。

川崎町の技の匠の方たちの出店もありました!SPRINGでのワークショップでお世話になった、木工の柴崎さんや、竹細工の今田さんもいらっしゃいました(^^)

SPRING会員のしゅが~の佐藤さんはコーヒーやお菓子の販売(支倉台のお店は4月から営業開始のようです!)、手すき和紙工房潮紙の塚原さんも出店されていました!

イーレ!はせくら王国では、めずらしいカカオを使ったおはぎなどの販売が!

母ちゃん市では新鮮な野菜を購入。冬を越した葉物野菜は、甘みが増して美味しくなると教えてもらいました!(母ちゃん市は普段、春~秋に山村開発センターで市をしていますが、いま時期は毎週末ボートピアで販売しているそうです。)

地元の出店者の皆さんとお話をしながら見ていたら、あっという間にそば提供時間になっていました。

二階のフロアへ行くと、みやぎ川崎そば麺棒会による、手打ちそば実演コーナーが!

周りのお客さんも興味津々で、職人さんたちのそば打ちに魅入っていました。

川崎町生活研究会の天ぷらなどの販売もあり、そばに合わせて、私も一つ購入。

川崎高校(柴田農林高校川崎校)の学生も、お手伝いがんばっていました!

そしてこちらが、寒ざらしそば!!

川崎町・古関地区の大津さんが育てた階上早生(はしかみわせ)という品種のそばの実を、清流と寒風に晒し、手間暇をかけて作られた、今季の初物。

とっても美味しかったです!

あいにくのお天気でしたが、美味しいそばと、野菜や技の匠たちの工芸品・地元飲食店の出店など、春の川崎町の賑わいを楽しめるイベントでした(^^)

4/1(月)~21(日)みやぎ川崎そば麺棒会加盟店では、スタンプラリーを開催中です。

皆様ぜひ川崎町に、美味しいそばを食べに来てくださいね!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly