Return to site

7/14(土)ぐるりもっけミニイベント開催

· SPRINGイベント,川崎町の”技の匠”

7月14日(土)に、前回のブログでもご紹介しました、『ぐるりもっけの会ミニイベント』がSPRINGで開催されました。(前回のブログの記事はこちら)気温30度になる晴天の中、多くの方に足をお運びいただきました。匠の素敵な作品が並び、お客様は匠と会話しながら楽しんでいらっしゃるようでした。

『川崎町・技の匠 ぐるりもっけの会』は川崎町に認定された、川崎町在住のあらゆる分野の「ものづくり」に卓越した技術を持った方々の会のことです。川崎町の特産品の素晴らしさや技術の継承、後継者育成などの活動を行っています。今回は8名の匠が出店されました。匠のお店を紹介します。

●今田勝春さん(野生ラン)

秋のイベントの時には旬が合わないということで、今まで出店されていなかった匠(野生ラン)の今田さん。小さいけれど、きれいで珍しい花が並びます。育て方や増やし方など、丁寧に教えていただきました。

●皆川昭さん(木工品・寄木細工)

寄せ木細工の匠、皆川さんのブースには、テーブルやキーホルダーなどがずらりと並びます。寄せ木の継ぎ目がわからないくらい、どれも美しい作品です。(皆川さんの作品は前回のブログでもご紹介しています。こちらからどうぞ)

●柴崎良一さん(木工品・玩具)

木工芸の匠、柴崎さんのブースでは、かわいらしい貯金箱や輪ゴムを飛ばせる銃のおもちゃなど、木でできた温かみのある作品ばかり。笹谷で木工教室も開催しています。(お問い合わせは『木勘坊』まで。詳細は下記に記載)

●近江環さん(パッチワーク)

手芸品部門の匠、近江さんのブースでは、着物の帯で作られたおしゃれなカードケースやポーチが販売されていました。お客様とのお話も弾んでいるようです。

●宮城加代子さん(つる細工・壁飾り)

つる細工の匠、宮城さんのブースでは、つるでできたお皿やワインラック、飾りが所狭し置かれていました。青根でつる細工教室を開いていらっしゃるので、手作りしてみたい方は是非参加してみてください。(お問い合わせは『川崎つる細工倶楽部』まで。詳細は下記に記載)

●今田作美さん(竹細工・かごなど)

竹細工の匠、今田さんのブースには、竹で編まれたかごやざるがたくさん。昔は竹のざるでお米を研いだりしていたそうです。抗菌作用もあるらしく、昔から使われている道具の良さを改めて実感できました。

●佐藤文子さん(漬物加工)

食品加工品の匠、佐藤さんのブースでは、ナスの漬物や梅干し、立派に育った野菜が販売されていました。漬物の味付けが絶妙で、美味しかったです。外が暑かったので、酸っぱい梅干しやナスの漬物はとても元気がでました。

●篠原由利子さん(押花)

押し花の匠はワークショップを開催してくれました。色とりどりの押し花を使った、ハガキ作りやボールペン作りは女性に人気。押し花を使った素敵な絵も飾られていていました。

SPRING会員の佐藤さんも木工で参加。子供たちが鉛筆で書いた通りにカットし、木刀を作ってあげていました。自分がイメージしたものができるのって楽しいですよね。子供たちも大盛り上がりでした。

ぐるりもっけミニイベントは、SPRINGで初開催でしたが、川崎町民の方から尚絅学院大学の学生、お子様まで、多くの方に楽しんでいただけました。

技の匠は「川崎町特有の技術」を持ち、「川崎町らしさ」を伝えている方々です。他の場所にはない「かわさきブランド」を構築していると思います。今回のイベントでは匠とふれ合いながら、匠の技術の高さや川崎町の良さを感じていただけたのではないでしょうか。

今回ぐるりもっけミニイベントに来られなかった方は、毎年秋に川崎町役場会場で開催されている『技の匠まるごとフェスティバル』(詳しくは、川崎町役場 農林課 0224-84-2111 まで)に足を運んでみてくださいね。

 

匠が開催する教室情報は↓↓こちらから↓↓

木工芸の匠 柴崎良一さん『木勘坊』TEL 0224-84-4937

つる細工の匠 宮城加代子さん『川崎つる細工倶楽部』TEL 0224-87-2255

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly