Return to site

季節のよそおいワークショップ

浴衣の着方レッスンを開催しました

· イベントレポート,川崎町の自然

こんにちは、菊地です。

9月に入り川崎町はすっかり秋の気配ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

自然豊かな川崎町で、その時期ならではのことをもっと楽しむきっかけになればと思い、8月に浴衣の着方レッスンを開催しました。

着物や浴衣に興味はあるけど、自分では着られないから、ますます着る機会がない・・・というお話をよく聞きます。浴衣であれば着物よりも手順が少なく簡単ですし、洗える素材なので気軽に着ることができます。なので、浴衣を着て夏祭りや盆踊りなどに行ける夏は、和服に親しむきっかけには絶好の季節なんですね~。

今回は町内の方が参加してくださり、補正の仕方と浴衣の着方、帯の結び方、浴衣のたたみ方などをお伝えしました。古着の着物屋さんで勤めていたこともあったので、お母さんやお祖母さんのお下がり(つまり、自分のサイズでないもの)を着るコツもお話することができました。お母さんやお祖母さんのお下がりって、不思議と自分にも似合うものなんですよね。何世代にもわたって大事に着れる和服って、やっぱりいいな~としみじみ思いました。

おうちに帰ってからも季節を感じていただけるように、町内の農家『びいなすふぁあむ』さんにご協力いただき、持ち帰り用のミニブーケをご用意しました。お花は、数種類のミントと、盆花に使われるというミソハギ。暑いこの時期、ミントの爽やかな香りを楽しみつつ、少しでも涼を感じていただけるよう、グリーンでまとめてみました。

そして、後ろに写っていますワークショップルームのカーテンは、今回のレッスンにも参加してくださり、oyaKOdomoLABOで染め物の講師をつとめた木ノ瀬千晶さんにご協力いただき、川崎町のクワの枝葉をメインに使って草木染めをして作成しました。やさしい黄色のカーテンのおかげで、あたたかな空間になりました。

カーテンができましたので、映画の上映会や、プロジェクターを使用したイベントなどにもSPRINGのワークショップルームをぜひご利用くださいね!

(会員登録後、インターネットで予約ができます。詳しくはこちら

ご参加いただいたみなさん、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

次回は10月に『季節のしつらいワークショップ』と題し、お月見のテーブルコーディネートの企画を考えています。詳細が決まりましたらブログでもお知らせしますので、ぜひご参加ください!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK