Return to site

川崎町1日町長!

10月10日(水)に、川崎町1日町長を体験された古山隆幸さんに密着し、

レポートにおこしました!

皆さんは、「一日町長」という言葉を聞いたことはありますか?

実は川崎町では、ふるさと納税で30万円以上を納めた方々に、「一日町長体験」がプレゼントされる仕組みがあるのです!

今回は、そんな「一日町長体験」を10月10日にされた、古山隆幸さんについて取り上げます!

これを読めばきっと皆さんも一日町長を体験してみたくなるのでは?

川崎町一日町長のスケジュール

今回一日町長を体験された古山さんのスケジュールは、午前中に辞令を交付され、議会へご登壇、昼食後は川崎町スポーツパークでボルダリング体験後にセミナーご登壇、、、、

と、意外とかなりのハードスケジュール。

辞令を交付され、川崎町の一日町長として現職の小山町長から花束の贈呈。

一日町長を命名されたあとは、議場にてご挨拶されました。

青根でお蕎麦を召し上がり、川崎町スポーツパークでボルダリングやトランポリンを体験されたようです。

ひとしきり体を動かしたあとは、SPRINGにて「◯◯×IT」というテーマでセミナーにご登壇。

きっとお疲れに違いないはずですが、とても学びのある内容でした。

今回はその一部をご紹介いたします!

イトナブ代表 古山さんの講演

今回川崎町一日町長を体験された古山隆幸さんは、石巻の「イトナブ」という会社の代表をされている方です。

イトナブWeb:http://itnav.jp/

イトナブとは「IT」×「遊ぶ」×「学ぶ」×「営む」×「イノベーション」を掛け合わせた造語です。

石巻にて、小学生から大学生までを対象としたプログラミング教育をされていて、子どもたちが自由に出入りしていく中で、自主的にプログラミングを学ぶことができる環境が用意されています。

実際に遊び心でアプリケーションを作るような生徒たちもいるようで、そういった環境が地方にあることが重要だと、古山さんは説きます。

石巻以外でも様々な場所で、小学生を対象にしたプログラミングのワークショップを無料で開催しているようです。

内容も後半に差し掛かると、2020年からの初等教育へのプログラミング教育導入のお話に。

意外と知られていないかもしれませんが、2020年からは全ての小学校でプログラミングの教育が実装されるようです。

町の職員の方々もいらっしゃったようで、皆さん熱心に聞き入っています。

セミナーが終わり、職員の方々同士でお話されていた内容の中で、「川崎町に小学生向けのプログラミングワークショップをやりたい」というお声も上がっていました。

今後、もしかしたら川崎町内で実現するかもしれませんね。

要チェックです!

最後は、青根温泉にご宿泊されたそうです。

羨ましいです。。

一日町長や、ふるさと納税に興味のある方はこちらのサイトからアクセスしてみてください!

川崎町へのふるさと納税サイト:https://www.furusato-tax.jp/city/product/04324

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly